借金一本化お助けナビ > 過払い金とはなにか?

過払い金とはなにか?

最近よく耳にする過払い金とはなに?

このページでは過払い金と期限についてのお話をさせていただきます。

過払い金には期限があるので、ここでもう一度過払い金とはどのようなものなのか、あと期限についておさらいをしておきましょう。

現在テレビのコマーシャルをひと際賑わせている過払い金ですが、もし皆さまの中で消費者金融からお金を借りている方がいたら一度このことを考えてみる必要があります。

過払い金とは本来は利息制限法によって借り入れ元本に対する利息が10万円未満の場合な20%、10万円~100万円の場合は18%、100万円以上では15%と決まっているのですが、2010年以前には出資法の利息制限が29.2%であったために本来の利息で計算をし直して消費者に差分を返金すると言う内容になります。

過払い金の期限について

実は今、過払い金の期限に関してもう直ぐリミットが来ようとしています。

それはどうしてかと言いますと、過払い金は何時でも請求をすれば返って来ると言う訳ではないのです。

消費者金融が高い金利を付けていたいわゆるグレーゾーンと呼ばれていた時期は2007年以前になります。

そして過払い金を請求できるのは最後に取引をしてから10年までとなっておりますのでもう直ぐグレーゾーンであった2007年から10年が経とうとしています。

2007年以降に同じ消費者金融と取引をしている場合は良いですが、振り返ってみると10年経っているかも知れないと言う方は一度まだ過払い金の期限である10年が経っていないかを確認してみる必要があります。

面倒くさいからいいやと思っていると本当は数十万円、数百万円が返って来るはずなのに勿体無い思いをしてしまうかも知れません。