借金返済の一本化は過払い金請求ができなくなる

一本化で過払い金請求ができなくなるのはデメリットか?

借金返済のために複数ある借金を一本化すると過払い金請求ができなくなってしまいます。

これをデメリットとして紹介する記事もありますが、本当にデメリットなのか考察していきましょう。

過払い金の請求ができなくなってしまう理由

借金を一本化するとなぜ過払い金請求ができなくなってしまうのかというと、一本化する事で過去の契約がなくなってしまうからです。

一本化でまとめた時に、元の借金は書類上の終了です。実際は借金がなくならず、新しくまとめた借金で返す事となっていますが、前の会社で契約がなくなってしまった事になるので過払い金は請求できないそうです。

過払い金は払い終わった借金でも時効がこなければ請求できるのですが、おまとめローンをすると請求できないという摩訶不思議な決まり事です。

決まり事ならば従わないといけないので、借金は一本化すると過払い金請求ができないのです。

過払い金請求できないのはデメリット?

過払い金請求ができないというとデメリットに聞こえますが、過払い金請求にもデメリットもあります。

まず、過払い金請求するとブラックリストに載ります。そして、請求した会社からは二度とお金が借りれなくなります。

さらに過払い金には時効もあれば、対象となる会社や借りた時期などもあります。

全ての借金した人が過払い金請求の対象になるわけではありませんし、デメリットもあるのが過払い金です。

そのため、一概に過払い金請求できないのはデメリットだと言えないのです。