借金一本化お助けナビ > 借金返済の相談はどこにするのがいい?司法書士と弁護士の違い

借金返済の相談はどこにするのがいい?司法書士と弁護士の違い

借金一本化で相談するなら弁護士のほうが有利

借金に悩んだら、誰に相談すれば良いのか‥。

借金はデリケートな問題なので、相談する人を選びたいですよね。

身近な相談者は親などの家族ですが、本当に借金を解決したいならば借金の事が良く分かる法律のプロに相談するべきです。それが弁護士や司法書士です。

司法書士とは?司法書士にできない事がある

借金の事が良く分かる司法書士に借金の相談をする事ができますが、司法書士は借金の相談はできても債務者の代理人になるには制限があります。

自己破綻や個人民事再生などの代理人になれなかったり、簡易裁判所の訴訟以外の代理人にはなれません。

例えば、お金を貸した貸金業者が地方裁判所にあなたを訴えたら、司法書士はなにもできないのです。

さらに司法書士の場合、140万円を越える借金に対しては関与できません。

司法書士の本来の仕事は、会社などの登記です。そのため、借金についての事となるとできる事が限られてしまうのです。

弁護士に相談するメリットは?

司法書士ができる事には限りがありますが、弁護士ができる事には制限がありません。

弁護士の本来の仕事は法律相談なので、金額や訴訟、手続きの制限がないのです。

また、弁護士を利用すると即日面会制度などの利用で借金問題の解決を早める事もできます。

さらに弁護士に費用がかかる分、裁判所に払う金額が少なくなったりなどのメリットもあります。

つまり、借金返済に困ったら、司法書士よりも弁護士の方が解決しやすいのではと思います。