借金返済の相談はどこですればいい?いくらかかるの?

今まで少しずつでも返済をしてきた借金ですが、それでも月々の返済が苦しくなってきて、借金を無くしたい、または返済額を少なくしたいと言う願いは借金をしている方であればどなたでも持っていると思います。

ですが一社だけではなく数社からの借り入れがあり、もう自己破産をするしかないと思っている方がいたらちょっと待って下さい。

もしかすると皆さんの人生がリセットできるかも知れませんので先ずは相談をしてみましょう。

借金相談は無料でできる

でも弁護士や司法書士に相談をするにもお金がかかるのではないかと考えてしまいますが、相手もヤクザではありません。皆さまがお金を持っていないことを承知の上での相談となりますので、どこまで話ができるかは各弁護士や司法書士によって異なります。

最近では初回のみ無料で相談に乗ってくれる所も増えてきていますので先ずは電話をしてみると良いでしょう。

またインターネットを使ったシミュレーションを行っている弁護士事務所やその他サイトも増えてきています。

これらのサイトではシミュレーションのフォームに現在皆さんが抱えている借金の総額や月にどの位の金額を返済しているかを記入して相談をすると皆さまに合った債務整理の提案や、月々の返済額がどれだけ減るのかを予測してくれるのです。

なかなか借金の問題と言うのは人には言いにくい内容ですので、最近ではこの様な無料診断のサイトを使う人が増えてきています。

借金の返済で悩んでいる方は是非ネットですので相談してみるのも良いでしょう。

ちなみにネットだからと言って回答が遅くなることもなく、最短で当日回答が来る場合もあります。

借金返済の相談は安い弁護士だと損をする?

借金返済の相談を弁護士にすると、報酬として弁護士に払わなければいけない費用が発生します。

その金額は決して安くはないので、どうせなら費用が安い弁護士に相談したい‥という気持ちは分かりますが、安い弁護士に相談すると結局は損かもしれません。

弁護士費用は安くても借金が減らない

弁護士費用が安い弁護士が決してダメというわけではないのですが、弁護士の中には交渉下手な人もいます。

借金返済で多くの人が考える過払い金請求ですが、どのくらいの利息を取り戻すかは弁護士の力量次第です。

あまり利息を下げれなければ戻ってくる金額も少なくなります。

そうすると、高い報酬を払っても利息を最大限に引き下げれる弁護士の方が手元に残る金額が大きくなるかもしれません。

報酬が安くて優秀な弁護士もいるかと思いますが、報酬が安い弁護士は優秀な先生ばかりではありません。

費用が安くても優秀な先生かどうかというのは債務整理の実績がどのくらいあるのかという点から判断するといいでしょう。

弁護士費用の捻出に困ったら

しかし借金をしている身ならば、少しでも弁護士に払う報酬を少なくしたいと考えるのは不思議ではありません。

もし弁護士に渡す報酬に困ったり、そこまで生活に余裕がないならば報酬を分割払いできる弁護士を選ぶといいでしょう。

分割払いも借金ですが、一度に報酬を払うよりも生活を圧迫しなくて済みます。そして、無理なく債務整をしていけます。

借金返済者はどんな仕事をしたら良い?

短期間で多く稼げる仕事がおすすめだか・・・

借金返済と仕事と言うキーワードは一見関連性が見出しにくいこの2つの言葉ですが、借金返済をするために仕事をするのであればどのような仕事が良いのか?考えていきましょう。

この場合にはできれば短期間で稼いでパッと返済を終わらせたいものですし、地道にコツコツと行うコンビニやファーストフードのアルバイトではいつになったら返済が終わるか分かりません。

こういった事から時給が高い仕事を見つけることが必須になります。

具体的に申し上げますと、男性であればホストやビルの窓拭き、また工事現場や建設現場の補助などが良いでしょう。

一昔前まではマグロ漁船に乗れば年間で500万円~1000万円位は稼げましたが、今の若者層ではこの話は知っていても実際に漁に出る人は少ないでしょう。

また女性の方であれば同じくレストランのウエイトレスや携帯電話ショップの窓口ではなかなかお金が貯まりません。

女性ならではのキャバクラやスナックなどの水商売や場合によっては風俗だと比にならない位お金が稼げるでしょう。

このように借金をしてしまった場合には普段の生活にかかる費用プラス返済のための費用が必要になりますので、借金をしてしまった以上は楽な仕事ではなく、多少肉体を酷使する仕事をせざるをえないことは覚悟をしておかなければなりません。

また、親や親戚にお金を借りて金融機関やローン会社に対する返済を終わらせられた場合でも、なるべく早く働いてお金を返すことを忘れないようにしましょう。

借金返済の一本化は過払い金請求ができなくなる

一本化で過払い金請求ができなくなるのはデメリットか?

借金返済のために複数ある借金を一本化すると過払い金請求ができなくなってしまいます。

これをデメリットとして紹介する記事もありますが、本当にデメリットなのか考察していきましょう。

過払い金の請求ができなくなってしまう理由

借金を一本化するとなぜ過払い金請求ができなくなってしまうのかというと、一本化する事で過去の契約がなくなってしまうからです。

一本化でまとめた時に、元の借金は書類上の終了です。実際は借金がなくならず、新しくまとめた借金で返す事となっていますが、前の会社で契約がなくなってしまった事になるので過払い金は請求できないそうです。

過払い金は払い終わった借金でも時効がこなければ請求できるのですが、おまとめローンをすると請求できないという摩訶不思議な決まり事です。

決まり事ならば従わないといけないので、借金は一本化すると過払い金請求ができないのです。

過払い金請求できないのはデメリット?

過払い金請求ができないというとデメリットに聞こえますが、過払い金請求にもデメリットもあります。

まず、過払い金請求するとブラックリストに載ります。そして、請求した会社からは二度とお金が借りれなくなります。

さらに過払い金には時効もあれば、対象となる会社や借りた時期などもあります。

全ての借金した人が過払い金請求の対象になるわけではありませんし、デメリットもあるのが過払い金です。

そのため、一概に過払い金請求できないのはデメリットだと言えないのです。

借金返済で失敗しないための弁護士選び!

弁護士だって商売!失敗しない弁護士の選び方

借金をなんとかしたくて相談する相手は弁護士がおすすめですが、弁護士ならば誰だって言いわけではありません。

弁護士は法律に関する相談人ですが、相談は弁護士にとって商売です。

弁護士によって借金返済の考え方が違うため、弁護士選びは慎重に行いましょう。

弁護士によって手続きの温度差がある

口コミの情報によると、ある弁護士に相談したところ相談のファースト電話で自己破産を勧められたという声があります。

相談をあまり聞かず、手続きが簡単な自己破産にしてしまおうという考え方です。

簡単に言うと、金儲けしか考えていない弁護士です。

また、ある弁護士は依頼者が遠方なので手続きはできないけど、相談には親身にのってくれたそうです。

相談にのるのが弁護士の役割だからという理由です。

だから手続きができなくても、話だけでも聞くという弁護士のあるべき姿の人です。

このように、弁護士によって対応は変わります。対応が変われば、やるべき手続きも変わってきて借金返済後の人生が変わる場合もあります。

だから弁護士だったら誰でもいいわけではないんです。

いくつかの弁護士事務所に相談

金儲けしか考えていない弁護士を選ばないためには、まずはいくつかの弁護士事務所に相談しましょう。

それから親身になってくれたり、話をきちんと聞いてくれる事務所を選びます。

それで事務所を何個か絞り込めたら、料金の話をしてみて高すぎない事務所を選びます。

大事なのは、事務所を比べてみる事です。比べると、個々の事務所の特徴が分かります。